バルトレックスは性病の救世主

性病に感染したらバルトレックスを利用して殺菌を行い、以後の再発を予防していきましょう!

最も多い性病と、その症状

クラミジアは18歳から25歳の中では10人に1人はかかっているといわれているほど最も多い性病です。
また日本での感染者は100万人以上いると言われています。
そもそもクラミジアの感染原因として、密なキスでも感染する可能性がありその中でも多くはクラミジア感染者との性行為が感染原因になります。
また、クラミジアに感染しているとHIVへの感染も5倍近くになるとされています。

主な症状として男性の場合は尿道が痒くなったり痛みが出る、白い分泌液が出る、排尿後の膀胱の違和感などさまざまあります。

かわって女性の場合は、おりものが多かったり時には嫌な臭いがする、おりものが黄色い、月経以外におりものに血が混じるなど目てみてわかるものが多いのです。
ですから女性の場合は体の異変に気づきやすいのです。

またなかには症状がなかったり、気づかないといった方もいます。
自覚症状がないからといって安心してはいけないのです。
知らないあいだにクラミジアに感染しており、気がつかないままいざ子供が欲しいと思ってもなかなか子供が授からないといったこともあります。
クラミジアは不妊症の原因にもなる可能性があります。

今やこの性病は誰がかかってもおかしくないものですから、心配な時は早めの検査が大切になるのです。