バルトレックスは性病の救世主

性病に感染したらバルトレックスを利用して殺菌を行い、以後の再発を予防していきましょう!

一度治った感染症が再発することも

感染症に罹り、胃が痛んでいる男性感染症を引き起こす原因のウイルスは低温低湿で活性を保ちやすく、感染すると人の腸管で増殖し嘔吐や下痢、腹痛などが主な症状として現れます。
感染症にかかるルートは多様で、患者の嘔吐物や糞便に含まれているウイルスが人の手や空気などを介して起こる二次感染、人から人への直接感染、ウイルスに汚染されている井戸水や簡易水道の水を消毒不充分なまま飲んで感染することもあります。
感染症にかかった時は手洗いが重要になります。
石鹸で10秒間丁寧にもみ洗いし、流水で15秒間すすぐ動作を2回繰り返すことで、手についたウイルスを100万分の20にまで減らすことができます。
嘔吐物で布団やシーツなどが汚れてしまった時には、洗剤で静かに水洗いをしたうえで85度以上で1分間、熱水洗濯をするか次亜塩素酸ナトリウム溶液につけます。
次亜塩素酸トリウムとは、塩素系漂白剤のことです。
家庭で使われている漂白剤は白布などに使う塩素系漂白剤と、色柄物に使える酸素系漂白剤の2種類があり、酸素系は感染症に効きません。
ウイルスは空気中を漂い感染するため、可能な限り換気を行い室内のウイルス量を減らすことが大事です。
また、一度治った感染症は再発することもあり注意が必要です。