バルトレックスは性病の救世主

性病に感染したらバルトレックスを利用して殺菌を行い、以後の再発を予防していきましょう!

ヘルペスの自己判断方法・バルトレックスで症状を防ぐ

性器ヘルペスに感染しているかどうかの判断は、病院、保健所、検査キットなど、正確に検査してくれるところに頼んだ方が良いです。その前に、簡単に自己判断しておきたいのならば、以下の項目をチェックしてみましょう。
性器が痒い・水ぶくれがある・強い痛みがある・熱を持って腫れている、排尿のときに痛みがある、の5つです。
もしチェックした項目が多いのならば、性器ヘルペスに感染している可能性があります。
自己判断で大丈夫と思って他人にうつしてしまう危険性もあるので、少しでも不安ならば早めに検査を受けるようにしましょう。また、感染していても症状があらわれないこともあるので、注意が必要です。
性器ヘルペスの症状は、男女によって少し異なります。
女性では、外陰、腟、子宮頸部に症状があらわれる可能性があります。男性では、亀頭(ペニス先端)、包皮、陰茎体部、お尻、に多く症状があらわれます。
女性の場合には、太ももの付け根のリンパ節が腫れて、歩けなくなってしまうこともあります。
性器ヘルペスの症状は、一番最初の症状が最も重いです。ヒリヒリ、むず痒さ、灼熱感、痛み、水ぶくれ、激しい痛み、が生じます。
再発のときには症状は軽く済むことが多いです。痛み、灼熱感、むず痒さ、ひりひり感、などが伴います。
痛い、痒いという辛い症状を抑えるのに有効なのは、バルトレックスという抗ウィルス薬です。バルトレックスは潜伏しているウィルスの増殖を抑えることで、症状を早く緩和させたり、再発を防ぐことが出来ます。
再発の痒い、痛い、という不快な症状を抑えることが出来ます。バルトレックスは吸収効率の良い内服薬なので、1日に1~3錠飲めば良いのがメリットです。