バルトレックスは性病の救世主

性病に感染したらバルトレックスを利用して殺菌を行い、以後の再発を予防していきましょう!

においを伴う性病とウィルス増殖を防ぐバルトレックス

クッションを抱えて悩む女性女性が性病にかかると、おりもののにおいが、きつくなることがあります。また、性器のにおいがきつくなることもあります。
疑われる性病の種類には、膣トリコモナス症、性器カンジダ症、性器クラミジア感染症、です。これらの感染症は、おりものを増加させたり、膿を発生させて独特のにおいを伴うことがあります。
免疫不全症候群(エイズ)は、においの問題はあまり報告されていません。ただし、免疫不全症候群はクラミジアに感染するとかかりやすくなるので、全く無関係とは言い切れません。
免疫不全症候群の原因となるHIV(ヒト免疫不全ウィルス)は、感染力は弱いのですが、感染してしまうと人の体内にある免疫機能のある細胞を乗っ取って増えていくため、次第に免疫力が低下していきます。HIVが感染しただけではまだ免疫不全症候群とは言わず、免疫細胞が乗っ取られて体の抵抗力がなくなり、様々な病気にかかりやすくなった状態を免疫不全症候群と言います。
エイズは母子感染の恐れもあるため、妊娠前の検査が盛んに勧められています。もし感染していたとしても、妊娠中~出産後に渡って適切な治療と予防を行えば、子供への感染リスクを0.5%未満に下げることができると言われています。
母子感染の危険性があるウィルスには、ヘルペスウィルスもあります。水ぶくれの症状が出ている時に最も感染力が高いので、この再発を防ぐのが一番の感染予防になります。再発を防ぐ効果があるのは、バルトレックスという薬です。バルトレックスは、ウィルスが増殖するのに必要な酵素(DNAポリメラーゼ)を阻害して増殖を防いでしまうことで、再発を防止します。バルトレックスを使うと再発の防止になり、他者への感染リスクも減らすことが出来ます。